まずはよく噛むこと

まずはとにかくよく噛むことが重要です。 よく咀嚼をすることによって胃液の分泌も盛んになり、消化の働きを助ける ことにもなります。しかもよく咀嚼をすることで唾液(だえき)が分泌され 同時に胃液が分泌されるので、消化の準備が整うことになります。 咀嚼により食物は細かく砕かれるので、胃に送られた後もすみやかに消化活動 が促進され、胃腸の負担も軽くなります。 逆にあまり噛まずに飲み込むと、胃液の分泌が減ることで消化にとまどり 濃い胃液に長時間さらされることになります。 このようによく噛むということは健康な胃を作るうえで不可欠な胃液を コントロールするという役割もあります。 早喰いは胃の粘膜を薄くし、胃もたれの原因になってしまいます。

冷たいものは避ける

冷たい飲み物はダメ
冷たい飲み物はダメ

出すことが必要です。それも冷たい水ではなく、温かい水です。 なぜ冷たい水が良くないのかというと、冷たい水を飲むと肝臓の働きが急激に 落ちてしまい、血液を暖めることや、脂肪の分解に必要な胆汁の分泌や解毒作用 などの働きをしなくなってしまい、老廃物や油分を取り除くことができなく なってしまうからなんだそうです。
美味しそうですが・・・・・なるべく避けましょう!